編集方針について考える日々

久しぶりに風邪らしい風邪をひいています。(ここ最近は夜に熱がかーんっと出て、翌日には下がっているという風邪をひいていました) 熱はないのだけれど、つらめの咳が数日。薬と咳止めシロップで終息しつつありますが、マスクが手放せない状態です。母に相談したところ、甘酒を勧められたので飲んだのですが、うまかったー。これははまりそう。

 

 

今、アンテナはサイトリニューアルへ向けてもぞもぞと動き出しております。アンテナには3人、本業ウェブ屋がいるので、それはもう、仕事と同じような会議、やりとりを日々繰り返しております。そのことは徐々に記事を作って公開していく予定です。興味のある人は少ないかもしれないけれど、自分たちをアーカイブすることをすっかり忘れていたので、今年はそんなこともやっていきたいと思っています。

サイトリニューアルにあたり、再度考え直したことは、アンテナの指針について。フリーペーパーアンテナvol.0を作ってから今日までに迷いながらも考えてきたことをそろそろ形にしないといけないと思っていました。というのも、最近は志願してアンテナに参加してくれるメンバーが増え、「アンテナっぽさ」みたいなものを求められる機会が増えたから。

これまでのメンバーはみんなよく知った仲間だったから、しょっちゅう最近見たライブの話や、今抱えている不満の話や、これからの未来のことを話していて、自分たちの根底にある想いをすり合わせられていたけれど、

面接をして参加するようになったメンバーは私たちが日々何を見て、何を想いながらアンテナをやっているのかはわからないわけで。

自分の昔話を少しずつ紐解きながら、自分やアンテナのことを知ってもらっていたけれど、それをしているのも時間がかかるようになってきて、これは早急に“編集方針”が必要だと思ったわけです。

 

私たちが誰のために、何のために、なぜアンテナをやるのか?

未来のアンテナをどうしたいか、アンテナはどうなりたいのか?

 

何かものを作ったり、何かをやっている人たちには当たり前のようなことですが、こんなことを編集長・堤と数ヶ月にわたり議論しました。

編集方針はまた別途サイトがリニューアルしたら見てもらいたいのですが、上記を考える良い機会だったなあと、今日ふと思い出してこの日記を書いています。

 

誰の目にも止まらず、誰にも褒められなくても、伝えたい想いがある人にしかメディアは続けられません。何となく流行っているし、簡単そうだからと始める人もいるかもしれないですが大半は収益化もしない、手だけがかかるメディア運営からは手を引いているのが現状です。更新の止まったメディアを見るたび、悲しい気持ちになります。

私たちはスタートして4年、京都のあちこちに自分たちで出向き、名刺とフリーペーパーを作り、取材をし、地道に自分たちの存在を伝えてきてやっと人に少し知ってもらえたなと思えたところです。最近ではニュース情報のプレスリリースもたくさんいただくようになりました。

 

(ニュース情報、いつでもお待ちしております!)

 

私たちが唯一誇れるのはその点。伝えたい、メディアをやりたい、その想いだけでここまできました。バズる記事を作れたわけでもないし、俺にもできると言われることも多いですが、そんな人たちには負けない想いが私たちにはしっかりあったと振り返れる機会でもありました。いい時期にサイトリニューアルの話が持ち上がったと思っています。

早く、リニューアルのお知らせができるように頑張っていきますね。(ここに書いて自分を追い詰める作戦です)

 

 

サイトを日々更新しています。最近撮った写真などもアップしていますので、お時間あるときに是非ご覧ください。

http://itsumiokayasu.com/portfolio/